眼瞼下垂になりやすい人の特徴と予防策

Dr.髙田

「なんだか最近、まぶたが重い…」と感じたことはありませんか?まぶたが重く下がってしまう「眼瞼下垂」は、加齢以外にも様々な原因で起こります。

この記事では、眼瞼下垂になりやすい人の特徴と、自宅でできる予防策について解説します。

眼瞼下垂は、一度発症すると自然には治癒しません。もし、あなた自身が当てはまる特徴があれば、今日からすぐに予防を始めてみましょう。

ABOUT ME
高田 尚忠
高田 尚忠(たかだ なおただ)
高田眼科 院長 |ひとみ眼科 / フラミンゴ美容クリニック 眼瞼手術担当医師
所属学会:日本眼科学会、日本形成外科学会、日本眼形成再建外科学会
岡山大学医学部卒業後、横浜形成外科の二木 裕先生に師事。 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院などの様々な医療機関を勤務し、 現在は高田眼科の院長を務める。 眼科医と形成外科医の知識と、これまでの豊富な眼瞼手術の術者としての経験をもとに、2022年においては年間2,000件超える眼瞼下垂症手術を手がけております。 2022年3月より、名古屋市内の伏見駅近くのフラミンゴ眼瞼・美容クリニックを開院。

眼瞼下垂とは何か?一般的な症状

眼瞼下垂とは何か?一般的な症状

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がって目を開きにくくなる状態です。

加齢や生活習慣などのさまざまな原因によって、まぶたを上げる眼瞼挙筋が衰えたり、挙筋腱膜にゆるみが生じたりするために起こります。

眼瞼下垂になると、視野が狭くなってものが見えにくくなるほか、眠たそうな印象を与えるなど見た目にも大きく影響します。

また、程度には個人差がありますが、頭痛や肩こり、眼精疲労、うつ病などの合併症を引き起こすケースも少なくありません。

進行するとまぶたが黒目(瞳孔)の大半を覆い、日常生活に大きな支障をきたすおそれがあるため、眼瞼下垂を予防するための対策と早期発見・治療が大切です。

眼瞼下垂の症状
  • 目を開きにくくなる
  • まぶたが重く感じる
  • 視界が狭くなり、ものが見えづらくなる
  • 眠たそうな印象を与える
  • 目つきが悪くなる
  • 涙が出る
  • 頭痛や肩こり
  • 眼精疲労
  • 目の奥の痛み
  • うつ病

眼瞼下垂になりやすい人の特徴

眼瞼下垂の原因は多岐にわたります。眼瞼下垂になりやすい人の特徴について「年齢」「生活習慣」「遺伝的要因」の3つの観点から解説します。

年齢

眼瞼下垂は年齢にかかわらず発症するおそれがある疾患です。

しかし、年齢を重ねるほど、まぶたの筋肉(眼瞼挙筋)が衰えたり、皮膚がたるんだりしやすくなるため、中高年以降の方に多く見られます。

加齢

韓国でおこなわれた健康栄養調査(※1)では、40歳以上での眼瞼下垂の割合は13.5%で、年齢が上がるにつれて眼瞼下垂になりやすくなるとの結果が示されました。

年代眼瞼下垂の割合
40代5.4%
50代11.6%
60代19.8%
70代以上32.8%

70歳以上では眼瞼下垂の割合が32.8%となっており、約3人に1人が発症していることがわかります。

実際に、眼瞼下垂を引き起こすもっとも大きな原因は「加齢」によるものです。

生活習慣

日常生活のなかでまぶたに負担がかかっていると、眼瞼下垂になるリスクが高まります。

アイプチ・アイテープの使用コンタクトレンズの長期装着(とくにハードコンタクトレンズ)、濃いアイメイクまつ毛エクステの装着などはまぶたに負担がかかりやすい行為です。

ハードコンタクトレンズ

また、花粉症やアトピー性皮膚炎などで、まぶたを擦ったり掻いたりする癖がある方も注意が必要です。

こうした生活習慣により、まぶたへのダメージが徐々に蓄積すると、挙筋腱膜がゆるんだり外れたりして眼瞼下垂を引き起こすおそれがあります。

遺伝的要因

眼瞼下垂には、加齢や生活習慣によって生じる「後天性眼瞼下垂」のほかに、生まれつきまぶたを上げる力が弱い「先天性眼瞼下垂」もあります。

先天性眼瞼下垂の一部には、遺伝的要因が影響しているケースも見られます。

DNA

家族に先天性眼瞼下垂の人がいる場合、生まれてくる子どもも眼瞼下垂である確率は高くなります。

ただし、眼瞼下垂は必ずしも遺伝するとは限りません。

先天性眼瞼下垂の多くは、遺伝ではなく、孤発的に眼瞼挙筋の育成不全や動眼神経の障害が起こるために発症します。

なお、先天性眼瞼下垂の約8割は片目のみに発症する片眼性ですが、遺伝によるものは両眼性がほとんどです。

眼瞼下垂を引き起こす危険因子(リスクファクター)

疾患や環境的・精神的要因、職業的リスクなど、眼瞼下垂を引き起こす要因はほかにもあります。

生活習慣の改善や医療的なケアによって予防できる可能性があるため、事前に危険因子を確認しておきましょう。

疾患との関連

高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を患っている人は眼瞼下垂になりやすいといわれています。(※1)

生活習慣病

眼瞼下垂にどのような影響を与えるのかは解明されていないものの、生活習慣病の予防・改善は、眼瞼下垂の予防にもつながる可能性があります。

Q
高血圧

血圧が慢性的に高い状態です。

ほとんどの場合、自覚症状はありませんが、高血圧を放置していると動脈硬化や心疾患などの重篤な病気を招く危険性があります。

高血圧の原因としては、遺伝的要因に加えて、過剰な塩分摂取や肥満、ストレス、飲酒、喫煙などの生活習慣が挙げられます。

Q
糖尿病

血糖値が高い状態が続く病気です。

肥満や運動不足、食べすぎ・飲みすぎなどにより、インスリン不足や作用低下が起こり、血液中のブドウ糖(血糖)が増えてしまいます。

一度発症すると完治が難しく、さまざまな合併症を引き起こすおそれがあります。

悪化させないためには、食事療法や運動療法、薬物療法による血糖コントロールが必要です。

Q
脂質異常症

血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が、一定の基準よりも多い状態です。

進行すると動脈硬化を起こすおそれがあり、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めます。

脂質異常症の主な原因は、過食や運動不足、肥満、喫煙、ストレスなどで、とくに日常的に高カロリーな食事をとっている方は注意しなければなりません。

治療の基本は、食事療法や運動療法による生活習慣の改善です。

環境的要因

眼瞼下垂の環境的な要因として近年注目されているのが、スマートフォンやパソコンなどの長時間使用(VDT作業)です。

ディスプレイを見続けて目を酷使すると、眼精疲労や身体の疲労感を引き起こし、眼瞼下垂につながるおそれがあります。

VDT作業

そのほか、過度の照明や紫外線などの光刺激、クーラーの風やほこりなどの機械的刺激などもまぶたに負担をかけ、眼瞼下垂の原因となる場合があります。

精神的要因

ストレス

まぶたを支えている筋肉の一つであるミュラー筋は、自律神経につながっています。

そのため、精神的なストレスがたまると、自律神経のバランスが乱れてミュラー筋に影響を与え、眼瞼下垂を招く可能性があります。

職業的リスク

オフィスワーカーよりも、屋外での現場作業が多い職業に就いている人のほうが、眼瞼下垂になるリスクが高いとされています。

紫外線

汗をかいたり顔が汚れたりするほか、紫外線を浴びる機会が多いことも、まぶたに負担がかかりやすい理由です。

ただし、オフィスワーカーの方でも、パソコンを長時間見つめているとVDT症候群になり、眼瞼下垂のリスクが高まるため注意が必要です。

眼瞼下垂の予防と対策

一度眼瞼下垂になると、自力で治すのは難しく、改善するには手術を受ける必要があります。

そのため、眼瞼下垂にならないように予防することが大切です。

日常生活でできる予防策

まぶたに負担がかかっていないかどうか、生活習慣を見直してみましょう。

眼瞼下垂予防のポイント

まぶたに刺激を与えない

まぶたをマッサージしたり、目がかゆいときに目を強くこすったりする行為は眼瞼挙筋や挙筋腱膜にダメージを与える原因です。

花粉症やアトピー性皮膚炎で目のかゆみが生じ、どうしてもまぶたを擦ってしまう方は、医療機関で適切な治療を受けてください。

また、アイメイクを落とすときに、まぶたをゴシゴシと擦るのもよくありません。

クレンジング時の負担を減らすためにも、濃いアイメイクやつけまつ毛は控えるのがおすすめです。

そのほか、二重を形成するアイプチやアイテープも、糊(のり)成分が皮膚のかぶれを引き起こし、まぶたに負担をかけてしまうおそれがあります。

紫外線対策と保湿ケアをおこなう

紫外線や肌の乾燥によって肌がダメージを受けると、まぶたの角質肥厚が起こり、眼瞼下垂の原因となります。

日焼けに注意し、目元のスキンケアを心がけて肌のターンオーバーを整えましょう。

コンタクトの付け外しに注意する

コンタクトレンズを付け外しするときは、まぶたを強く引っ張らないように注意してください。

また、装着時間をできるだけ短くする対策も効果的です。

家にいる間はメガネに変えるなどして、コンタクトレンズを付けている時間が短縮されれば、まぶたの裏からの眼瞼挙筋への負担を減らせます。

ハードコンタクトを使用している方は、ソフトコンタクトに変えるだけでも眼瞼下垂のリスクを軽減できる可能性があります。

VDT作業を控える

スマートフォンやパソコンの長時間使用は避け、こまめに目を休めましょう。

遠くの景色を見たり、目をつむったりして、ディスプレイから目を離す時間を定期的につくることが大切です。

また、作業中にまばたきする回数を意識して増やすと、乾燥の予防につながります。

医療的アプローチ

眼瞼下垂対策として効果的な医療的アプローチがボトックス注射です。

ボトックスとはボツリヌス菌が作り出す毒素で、筋肉を麻痺させて収縮を弱める作用があります。

眼瞼挙筋が衰えてくると、額にある前頭筋を頼ってまぶたを上げようとするため、眼瞼挙筋の機能がどんどん低下して眼瞼挙筋につながります。

そこで、ボトックスを額に注射すれば、前頭筋の動きが弱くなり、きちんと眼瞼挙筋を使ってまぶたを上げる状態となります。

自然と眼瞼挙筋が鍛えられ、眼瞼下垂の予防につながるでしょう。

ただし、すでに眼瞼下垂の方がボトックス注射をおこなうと、症状が悪化してしまう場合があります。

医師とよく相談し、まぶたの状態を確認したうえで治療を受けてください。

セルフケア

眼瞼下垂のもっとも大きな原因は、まぶたを上げる眼瞼挙筋の衰えです。

そのため、眼瞼挙筋を鍛えると、眼瞼下垂を予防する効果が期待できます。

眼瞼挙筋トレーニング
  1. 目を静かに閉じ、眉を下げるようにして額の力を抜きます。
  2. ②左右の眉が動かないよう、手のひらで額全体を押さえます。
  3. ③両目を限界まで大きく見開いて、5秒間キープしましょう。
  4. ④ゆっくりと目を閉じてリラックスします。
  5. ①~④のステップを1日に数回繰り返してください。

眼瞼下垂の症状が気になる場合は手術の検討を

眼瞼下垂がすでに進行し、まぶたの重さや視界の狭さによって日常生活に支障をきたしている場合は、手術を検討しましょう。

眼瞼挙筋の機能が大きく低下していると、セルフケアだけでは十分な改善が期待できません。

眼瞼下垂手術によって確実に症状を改善できるほか、早期に手術を受ければ、加齢に伴う挙筋腱膜のゆるみや皮膚のたるみを遅らせ、アンチエイジング効果が期待できます。

また、症状が軽度の状態で手術を受けたほうが、リスクが少なくきれいな仕上がりを目指せます。

そのため、眼瞼下垂を予防する観点からみても、手術は有効といえるでしょう。

当院では、負担を軽減しながら自然な二重を形成する眼瞼下垂手術「TKD切開法+ファシアリリース」をおこなっています。 

まぶたの縁のラインを切開するため、二重幅が広くなり過ぎず、見た目の変化を抑えられる点がメリットです。 

眼瞼下垂手術を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

無料相談メールはこちら

まとめ

眼瞼下垂になりやすい人の特徴と、眼瞼下垂の予防策について解説しました。

眼瞼下垂の主な原因は加齢であり、40歳以降になると発症リスクが高まります。

また、まぶたへの刺激やコンタクトレンズ、VDT作業などの生活習慣が原因で眼瞼下垂を引き起こす場合もあるため注意が必要です。

直接的な関連性は明らかではありませんが、運動不足や喫煙、食べすぎ・飲みすぎなどにより生活習慣病を患うと、眼瞼下垂になりやすくなるとのデータもあります。

生活習慣を見直すとともに、眼瞼挙筋のトレーニングを心がけて眼瞼下垂予防に努めましょう。

眼瞼下垂になりやすい人と予防策に関するよくある質問

Q
眼瞼下垂になりやすいのは何歳からですか?

眼瞼下垂は年齢にかかわらず発症しますが、年齢が上がるにつれて眼瞼下垂になりやすくなります。韓国でおこなわれた健康栄養調査(※1)では、50代で11.6%、60代で19.8%、70歳以上では眼瞼下垂の割合が32.8%となっており、約3人に1人が発症していることがわかりました。

Q
コンタクトをしていると、眼瞼下垂になりやすいとは本当ですか?

コンタクトレンズの長期装着、とくにハードコンタクトレンズを使用している方は、眼瞼下垂を引き起こすリスクが高いとされています。

Q
アイプチやアイテープは、眼瞼下垂の原因になりますか?

アイプチ・アイテープの長期間の使用や、間違った使い方は、眼瞼下垂のリスクを高める可能性があります。たとえば、アイプチやアイテープでまぶたを引っ張り続ける、剥がすときの摩擦により炎症がおきるなどの刺激が続くと、まぶたの皮膚が弱くなり、眼瞼下垂のリスクが高まります。

Q
スマートフォンを使いすぎると眼瞼下垂になりやすいのでしょうか?

現時点では、スマートフォンを使いすぎることと眼瞼下垂の直接的な因果関係は証明されていません。しかし、スマートフォンを使用する際には、画面を近距離で長時間見続けることになります。

これは、目の筋肉に負担をかけ、疲労を蓄積させる可能性があります。目の筋肉が慢性的に疲労状態になると、まぶたを支える力が弱くなり、眼瞼下垂を引き起こす場合もあります。

Q
精神的なストレスがたまると、眼瞼下垂になりやすいと聞いたのですが…

精神的なストレスがたまると、眼瞼下垂になりやすくなると言われています。その理由は、まぶたを支える筋肉が自律神経と繋がっているからです。

自律神経は、心身のバランスを司る神経系で、ストレスの影響を受けやすいです。ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れ、まぶたを支える筋肉が緊張して、眼瞼下垂を引き起こす可能性があります。

参考文献

※1 KIM, M. H., et al. Prevalence and associated factors of blepharoptosis in Korean adult population: The Korea National Health and Nutrition Examination Survey 2008–2011. Eye, 2017, 31.6: 940-946.

SRIDHARAN, G. V., et al. A community survey of ptosis of the eyelid and pupil size of elderly people. Age and ageing, 1995, 24.1: 21-24.

GAUSAS, Roberta E.; GOLDSTEIN, Scott M. Ptosis in the elderly patient. International ophthalmology clinics, 2002, 42.2: 61-74.

GODFREY, Kyle J.; KORN, Bobby S.; KIKKAWA, Don O. Blepharoptosis following ocular surgery: identifying risk factors. Current opinion in ophthalmology, 2016, 27.1: 31-37.

Recommend
こちらの記事もどうぞ
- 【眼瞼下垂】延べ2万眼瞼以上の手術経験 -
- 【眼瞼下垂】延べ2万眼瞼以上の手術経験 -
記事URLをコピーしました