片目だけの眼瞼下垂 – 原因や手術の費用・保険適用について解説

Dr.髙田

眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる力が弱くなり、目が開きにくくなる状態のことです。

視界がせまくなったり、目が疲れやすくなったりと、さまざまな不調につながる眼瞼下垂ですが、片目だけに発症するケースもあります。

片目だけが眼瞼下垂になると二重幅に左右差が出てしまい、不自然な目元になってしまうおそれがあるため、眼瞼下垂手術での治療を検討しましょう。

本記事では、片目だけの眼瞼下垂について、原因や手術費用、保険適用を詳しく解説します。

ABOUT ME
高田 尚忠
高田 尚忠(たかだ なおただ)
高田眼科 院長 |ひとみ眼科 / フラミンゴ美容クリニック 眼瞼手術担当医師
所属学会:日本眼科学会、日本形成外科学会、日本眼形成再建外科学会
岡山大学医学部卒業後、横浜形成外科の二木 裕先生に師事。 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院などの様々な医療機関を勤務し、 現在は高田眼科の院長を務める。 眼科医と形成外科医の知識と、これまでの豊富な眼瞼手術の術者としての経験をもとに、2022年においては年間2,000件超える眼瞼下垂症手術を手がけております。 2022年3月より、名古屋市内の伏見駅近くのフラミンゴ眼瞼・美容クリニックを開院。

先天性眼瞼下垂は8割が片目だけの発症

子供の目

先天性眼瞼下垂とは、生まれつきまぶたを上持ち上げる力が弱く、正面を向いたときにまぶたが瞳孔(黒目)を覆っている状態です。

まぶたを持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋の発育不良や、その筋肉を支配している動眼神経の障害が原因で発症します。

胎児期の発達の過程で生じる問題に起因するとされていますが、明確なメカニズムはまだ解明されていません。

先天性眼瞼下垂の約8割が、片目だけに症状が現れる「片眼性(へんがんせい)」です。その多くが遺伝に関係なく突発的に発症します。

眼瞼下垂の重症度には個人差がありますが、多くの場合は視覚機能に問題なく、急いで手術をする必要はありません。

ただし、先天性眼瞼下垂は視力の発達(遮蔽性弱視)を妨げるおそれがあるため、定期的に眼科を受診し、経過観察を受けてください。

先天性眼瞼下垂については下記の記事もご覧ください。

先天性眼瞼下垂の治療「単純性眼瞼下垂」
先天性眼瞼下垂の治療「単純性眼瞼下垂」

片目だけの後天性眼瞼下垂、原因は?

後天性眼瞼下垂とは、もともとは問題なく開いていたまぶたが、徐々に、または急に下がってしまう状態です。

後天性眼瞼下垂の原因のほとんどが加齢によるもので、両目に発症するケースが多く見られます。

正常な状態と眼瞼下垂の状態の比較

しかし、何らかの原因によって片方のまぶただけに負担がかかると、眼瞼挙筋が弱くなったり、挙筋腱膜が剥がれたりして、片目だけに発症することがあります。

たとえば、片方の目だけを強くこする癖があると、ダメージが蓄積して眼瞼下垂になりやすくなるでしょう。

とくに、花粉症やアレルギー性皮膚炎の方、スマホやパソコンを長時間使用する方、ハードコンタクトレンズを長期的に着用している方は、後天性の眼瞼下垂になるリスクが高まるため注意が必要です。

目のかゆみや疲れを感じても、目をこする行為はできるだけ控えましょう。

また、アイプチやつけまつげの使用、過度なアイメイクなどもまぶたに負担がかかり、眼瞼下垂の原因となるおそれがあります。

急に片目だけ眼瞼下垂になった場合に考えられる原因

加齢や生活習慣によって片目だけ眼瞼下垂になるときは、多くの場合、数年かけて少しずつ症状が現れます。

しかし、ある日突然片目が重くなり、まぶたが開きにくくなるケースがあります。

急に片目だけ眼瞼下垂になった場合、脳梗塞や脳動脈瘤など他の疾患が疑われるため注意しなければなりません。

脳梗塞(のうこうそく)

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、細くなったりして血流が途絶え、酸素や栄養が十分に供給されなくなることで脳の細胞が壊死してしまう病気です。

脳梗塞の解説

脳梗塞の主な原因は、糖尿病や高血圧による動脈硬化です。

脳梗塞を発症すると、眼瞼挙筋を支配している動眼神経が麻痺して眼瞼下垂を引き起こす場合があります。

また、脳に血液がいかなくなるため、半身麻痺やしびれなどさまざまな障害を招くおそれもあります。後遺症が残るケースも多い重篤な疾患です。

とくに、眼瞼下垂を起こす脳梗塞は、脳幹の血管が詰まる「脳幹梗塞(のうかんこうそく)」である可能性が高いとされています。

脳幹は、脳全体の土台となる重要な部分であり、脳幹梗塞になると命にかかわる危険性もあるため早期治療が必要です。

眼瞼下垂の症状とあわせて、運動障害や感覚障害などが急に現れた場合は、すみやかに受診しましょう。

脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)

脳動脈瘤とは、脳動脈の一部が拡張し、瘤(こぶ)や風船のように膨らんだものです。

脳動脈瘤の解説図

出血していない未破裂状態では、無症状であるケースがほとんどです。

しかし、瘤が急速に大きくなると動眼神経が圧迫され、片目だけに眼瞼下垂の症状が生じることがあります。

また、物が二重に見える「複視」も、脳動脈瘤によって現れやすい症状です。

動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血を起こして重篤な後遺症が残ってしまいかねません。

くも膜下出血は致死率の高い病気であり、約半数は即死、もしくは昏睡状態に陥るとのデータもあります。

脳動脈瘤に伴う眼瞼下垂や複視は、破裂の兆候ともいわれており、早急に治療を受ける必要があります。

糖尿病に伴う動眼神経麻痺

血糖値

糖尿病とは、インスリンの作用が十分ではなく、血糖値の上昇を抑える働きが低下して高血糖の状態が続く病気です。

糖尿病により高血糖状態になると、動眼神経がダメージを受け、眼瞼挙筋がうまく働かなくなって眼瞼下垂につながります。

これはソルビトールと呼ばれる糖分の一種が、神経細胞の中に蓄積することが原因です。

動眼神経麻痺を起こす要因は多岐にわたり、治療法もさまざまですが、糖尿病による発症の場合は食事や運動、薬物療法などで血糖コントロールをおこないます。

多くの場合、生活習慣を改善し、血糖コントロールを実践すれば眼瞼下垂の症状は自然に改善されます。

しかし、6〜12カ月ほど経過を観察してもまぶたが重い症状に改善がみられなければ、眼瞼下垂手術が必要です。

片目だけの眼瞼下垂手術も可能

目の手術

片目だけ、眼瞼下垂手術を受けることも可能です。ただし、片目だけの眼瞼下垂手術は両目とも眼瞼下垂である場合よりも難易度が高いとされています。

そのため、症例数が多く、信頼できる医師のもとで手術を受けましょう。

主な眼瞼下垂手術の方法

施術方法特徴
眼瞼挙筋前転法眼瞼下垂手術のなかでもっとも一般的な方法。ゆるんだ挙筋腱膜を折りたたみ、瞼板に再固定する。
眼瞼挙筋短縮法眼瞼挙筋を短くして瞼板に縫合する方法。眼瞼挙筋の機能が残っている場合に多く実施される。
埋没式挙筋短縮法 (切らない眼瞼下垂)まぶたの皮膚に小さな穴を形成し、ゆるんだ 眼瞼挙筋を糸で結んで引き上げる方法。
ミュラー筋タッキング眼瞼挙筋とミュラー筋の間を剥離し、ミュラー筋のみを縫い縮めて瞼板に固定する方法。
眉下切開/眉上切開 (アイリフト)眉下、または眉上の皮膚を切除する方法。まぶたのたるみを改善する効果が期待できる。
前頭筋吊り上げ術 (筋膜移植)太ももや頭部の筋肉を使用し、瞼板と前頭筋を結び付けてまぶたを上げる方法。眼瞼挙筋がほとんど機能していない場合に有効。

眼瞼下垂手術には複数の手術方法があり、仕上がりや費用、ダウンタイムが異なります。

ご自身にとってどの方法が良いのかどうかは、専門医と相談しながら、眼瞼下垂の重症度に応じて選択してください。

両眼同時手術のほうが左右差は生じにくい

保険診療による眼瞼下垂手術は、視機能の改善が目的です。そのため、片方のまぶたに眼瞼下垂の症状がある場合は、片目だけに手術を施します。

しかし、先述したとおり片目だけの眼瞼下垂手術は難易度が高く、症状が改善されたとしても、まぶたの開き具合に左右差ができてしまうおそれがあります。

通常、片目だけが眼瞼下垂であっても、両目に力を入れてまぶたを開こうとします。

そのため、片目だけを治療すると今度は治療していないほうの目が開きにくくなり、下がってくる場合があるのです。

左右差が生じるリスクをできるだけ減らすためには、両眼同時手術が推奨されます。

また、実際に診察を受けると、問題ないと思っていたほうのまぶたも軽度の眼瞼下垂であるケースが少なくありません。

まずは眼科を受診し、片目だけの手術で問題ないのか、両眼同時手術が可能かどうかを確認してみてください。

片目だけの眼瞼下垂手術の費用・保険適用

治療費用

診察を受けて眼瞼下垂と認められれば、保険適用での治療が可能です。

手術は眼科や整形外科、美容外科で受けられますが、保険が適用されるのは基本的に眼科または形成外科です。

審美性を重視した治療をおこなっている美容外科では、原則保険は適用されません。

片目の眼瞼下垂手術を保険診療で受けた場合の費用目安

施術方法費用(保険診療:3割負担)
挙筋前転法21,600円
挙筋短縮法21,600円
ミュラー筋タッキング21,600円
眉下切開/眉上切開 (アイリフト)18,020円
前頭筋吊り上げ術 (筋膜移植)55,590円

※上記の費用以外に、術前の血液検査・術前の診察・検査料金・麻酔手技料金などが別途必要です。

保険診療による医療費は全国一律となっており、どの医療機関で手術を受けても変わりません。自己負担は1~3割ですが、年齢や所得によって割合が異なります。

なお、皮膚を切らない埋没式挙筋短縮法は保険の対象とならないため注意しましょう。

眼瞼下垂手術の保険適用については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

あわせて読みたい
眼瞼下垂手術の費用相場は?費用と保険適用・自由診療について解説
眼瞼下垂手術の費用相場は?費用と保険適用・自由診療について解説

デザインにこだわるなら自由診療での手術を推奨

保険診療の眼瞼下垂手術はあくまでまぶたの開きにくさを改善するための手術であり、審美性は考慮されません。

そのため「左右のバランスを整えたい」「ぱっちりとした二重にしたい」など、見た目にこだわりがある方は自由診療をおすすめします。

ただし費用は保険診療よりも高額となり、眼瞼下垂手術の費用目安は約20~30万程度が一般的です。場合によっては、50万円近くかかるケースもあります。

施術方法費用(自由診療)
挙筋前転法約20万〜30万円
挙筋短縮法約20万〜30万円
ミュラー筋タッキング約20万〜30万円
埋没式挙筋短縮法約15万〜30万円
眉下切開/眉上切開 (アイリフト)約30万〜40万円
前頭筋吊り上げ術 (筋膜移植)約40万〜60万円

自由診療の場合はクリニックによって費用が大きく異なるため、複数のクリニックを比較検討してみてください。

ただし、美容外科では眼科のように眼球を細かく診察・検査することは困難です。

本当に眼瞼下垂なのか、ほかの病気が隠れていないかを的確に調べるためにも、まずは眼科への受診を推奨します。

まとめ

先天性眼瞼下垂の場合、片目だけに症状が現れるケースがほとんどです。

加齢や生活習慣が原因で生じる後天性眼瞼下垂の多くは両目に発症しますが、片目だけに起こる可能性もあります。

何らかの刺激により片目だけにダメージが蓄積すると、徐々にまぶたが上がりにくくなってしまいます。

また、ある日突然片目だけが眼瞼下垂になった場合、重篤な疾患が疑われるため、早めに受診してください。

片目だけの眼瞼下垂手術は難易度が高いとされています。眼瞼手術の経験が豊富な専門医のいるクリニックを選ぶと、満足のいく治療につながります。

名古屋のフラミンゴ眼瞼・美容クリニックは、眼瞼下垂症と美容皮膚科の併設クリニックです。

累計2万以上の眼瞼下垂手術に携わった実績をもつ高田尚忠医師による手術を、保険診療にて受けられます。

当院オリジナルのTKD切開法により、傷跡が残りにくい自然な仕上がりを目指すことが可能です。

TKD切開法を詳しく見る
眼瞼下垂治療ガイド|フラミンゴ眼瞼・美容クリニック
眼瞼下垂治療ガイド|フラミンゴ眼瞼・美容クリニック

また、浜松市の高田眼科あさ美皮フ科亀戸駅前でも高田医師による眼瞼下垂手術を受けられます。

「まぶたが重くて開けづらい」「視界が狭くなってきた」など、眼瞼下垂の症状にお悩みの方はご相談ください。

片目だけの眼瞼下垂でよくある質問

Q
片目だけ眼瞼下垂になる原因は何ですか?

眼瞼下垂症には先天性(生まれつき)と後天性があり、先天性眼瞼下垂の約8割は片目だけに症状が現れます。先天性眼瞼下垂の原因は胎児期の発達の過程で生じる問題に起因するとされていますが、明確なメカニズムはまだ解明されていません。

後天性の場合の原因は加齢によるものです。目をこする癖やスマホ・パソコンの使用、コンタクトレンズレンズの使用など片方のまぶただけに負担がかかると、片目だけに眼瞼下垂が発症します。

ある日突然、急に片目だけに眼瞼下垂が見られる場合は、脳梗塞や脳動脈瘤など他の疾患が疑われます。早急に病院を受診してください。

Q
片目だけ眼瞼下垂の手術を受けられますか?

片目だけの眼瞼下垂手術も可能です。ただし、左右差が出るリスクがあるため、片目だけで良いかどうかは医師の判断によります。

Q
片目だけの眼瞼下垂は、他の病気が隠れている可能性がありますか?

急に片目だけ眼瞼下垂になった場合、脳梗塞(のうこうそく)、脳梗塞(のうこうそく)、糖尿病に伴う動眼神経麻痺の可能性もあります。緊急性の高い疾患が隠れている場合がありますので、早急に病院を受診してください。

参考文献

ZOUMALAN, Christopher I.; LISMAN, Richard D. Evaluation and management of unilateral ptosis and avoiding contralateral ptosis. Aesthetic surgery journal, 2010, 30.3: 320-328.

BERNARDINI, Francesco P.; DEVOTO, Martìn H.; PRIOLO, Enrico. Treatment of unilateral congenital ptosis. Ophthalmology, 2007, 114.3: 622-623.

KERSTEN, Robert C., et al. Unilateral frontalis sling for the surgical correction of unilateral poor-function ptosis. Ophthalmic Plastic & Reconstructive Surgery, 2005, 21.6: 412-416.

LEE, Ju-Hyang; KIM, Yoon-Duck. Surgical treatment of unilateral severe simple congenital ptosis. Taiwan Journal of Ophthalmology, 2018, 8.1: 3.

AYTOGAN, Hasan; AYINTAP, Emre. Comparing the symmetry of upper eyelid following unilateral ptosis correction. BMC ophthalmology, 2021, 21.1: 1-8.

TENZEL, Phillip A., et al. Facial asymmetry in children with unilateral congenital ptosis. Ophthalmic plastic and reconstructive surgery, 2022, 38.5: 483-489.

Recommend
こちらの記事もどうぞ
- 【眼瞼下垂】延べ2万眼瞼以上の手術経験 -
- 【眼瞼下垂】延べ2万眼瞼以上の手術経験 -
記事URLをコピーしました