高田院長の眼瞼下垂症ブログ

愛知県(名古屋市)近辺で、眼瞼下垂症を受けることを検討されている方へ。

ひとみ眼科ロゴ 

当院は、眼瞼下垂症を専門に全国から数多くの患者様が手術に受けにきてくださっております。

県外の方でも安心して受けていただくために、浜松労災病院のオープンベッドを利用して、

手術から抜糸までの期間を入院して過ごすことで、県外からの通院の負担を減らすための努力をしておりました。

浜松という場所柄、大都市である名古屋からの患者様も多いこともあり、もう少し名古屋近辺の患者様の利便性を上げるためにも、高田眼科の分院という位置付けで、愛知県名古屋の西部、愛西市に『ひとみ眼科』を令和2年4月8日に開院いたします。

ひとみ眼科』には、私を含め、3人の眼科医により運営しており、院長の臼井英晶先生は、網膜疾患を中心に。

副院長の日吉敦寿先生は、白内障手術を中心に。そして、私は、眼瞼下垂症手術をメインに、眼瞼疾患を診させていただきます。

高田眼科で行っているTKD切開・ファシア・リリース(剥離法)を武器に、得意の眼瞼下垂症手術で、地域医療だけでなく、愛知県全体に貢献できればと考えております。

ひとみ眼科』は、名古屋駅から電車で40分ほど、車で30分ほどの位置にあります。

中部国際空港からも1時間30分ほどの位置にありますので、浜松の高田眼科より立地に優れていると言えます。

当然、私が眼瞼下垂症手術を担当いたしますので、もし、名古屋近辺で当院の眼瞼下垂症をご希望されるのであれば、どうぞ、よろしくお願いいたします。

執筆した医師

高田眼科 院長 |ひとみ眼科 眼瞼手術担当医師
高田 尚忠(たかだ なおただ)
所属学会:日本眼科学会、日本形成外科学会、日本眼形成再建外科学会
岡山大学医学部卒業後、横浜形成外科の二木 裕 先生を師事。 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院などの様々な医療機関を勤務し、 現在は高田眼科の院長を務める。 眼科医と形成外科医の知識と、これまでの豊富な眼瞼手術の術者としての経験をもとに、年間1000件超える眼瞼下垂症手術を手がけております。

執筆した医師
高田 尚忠

高田眼科 院長
ひとみ眼科 眼瞼手術顧問
静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」