高田院長の眼瞼下垂症ブログ

最速の眼瞼下垂症手術(両眼:30分)はダウンタイムも少ない。

眼瞼下垂症手術を受けることを検討される際に気になることは、

①手術が痛いのか??

②ダウンタイムに時間がかかるのでは??

③術後の結果に満足できるのか??

だと思います。

この3つを解決するための大事な要素として、私は手術時間の短さだと考えます。

最近の当院の手術時間は、片眼15分ほどです。つまり、両眼で30分程度です。

尚、出血がすくなければ、30分を切ることもあります。

一般的な眼瞼下垂症手術の所要時間は、概ね両眼で1時間〜2時間だと思います。

ちなみに、下の写真は、先日、浜松労災病院でおこなった手術ですが、

麻酔時間が34分で、手術時間は、ダイオードの関係で、分の単位が消えてますが・・・

麻酔時間の34分よりも短い時間で終了しております。

眼瞼下垂症手術時間の表示の写真

このことが、何を意味するのかといいますと、

①手術時間が短いということは、手術中に麻酔が切れません。

言い換えれば、1時間ほど(早いと30分ほど)で切れてしまう局所麻酔が効いている時間内で手術が終わります。

結果として、手術中に痛みで苦労することがなくなります。

②ダウンタイムの長さは、手術時間の長さに比例いたします。単純に、手術に時間がかかれば、その分、

余計な負担を組織に与えてしまい、組織の炎症が強くなり、結果として、腫れてしまいます。

術中に腫れれば、腫れるほど、ダウンタイムが長くなってしまいます。

③当院は、手術中、デザインが決まった段階で、手鏡を使って、ご自身で確認をすることができます。(必ず、確認していただいております。)

それも、手術が始まって、20分ほどで両眼のデザインが決まりますので、ほとんど腫れてないような状態で確認をしていただけます。

術中に確認されたデザインが術後の完成のデザインに、近いので、よっぽどのことがなければ、ズレもありませんので、結果として、

術後のデザインの不味さ(形の問題、左右差の問題)が起こることが、相当に少なくなります。

④当院の眼瞼下垂症手術は、30分という短さではありますが、内容を少なくしたりは致しません。

たとえば、皮膚切除、眼輪筋切除、ファシア剥離、脂肪切除、眼瞼挙筋腱膜のタッキングなど、必要な内容は全て行います。

もちろん、必要にないことは行いませんが・・・デザインを決める際にも、手術顕微鏡を使い、mm単位以下のオーダーで、左右差を調整したりしております。

当院は、常々、手術のスピードを早くするために出来ることを10年間研究してきました。

しかしながら、いくら手術が早くても、正確性のない雑な手術では意味がないからです。正確性と丁寧さに配慮をしつつ、手術を早くすること。

そのために出来ること・・・・・最速の眼瞼下垂症手術を極め尽くしていきたいと思います。

執筆した医師

高田眼科 院長 |ひとみ眼科 眼瞼手術担当医師
高田 尚忠(たかだ なおただ)
所属学会:日本眼科学会、日本形成外科学会、日本眼形成再建外科学会
岡山大学医学部卒業後、横浜形成外科の二木 裕 先生を師事。 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院などの様々な医療機関を勤務し、 現在は高田眼科の院長を務める。 眼科医と形成外科医の知識と、これまでの豊富な眼瞼手術の術者としての経験をもとに、年間1000件超える眼瞼下垂症手術を手がけております。

執筆した医師
高田 尚忠

高田眼科 院長
ひとみ眼科 眼瞼手術顧問
静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」