高田院長の眼瞼下垂症ブログ

2016年の眼瞼下垂症手術件数について

高田眼科を浜松市に開業し、最新の検査機器を取り入れ、
大規模施設にない、機動力のある眼科診療所を目指し今年で、開業9年目を迎えました。
日曜、祝日診療も地域の方に周知していただき、結果、浜松医師会が主導し行っている休日診療登板活動の
中心としての役割を担うこととなり、地域医療に貢献するという意味では、一定の目標を達したのではないかと思います。

加えて、「眼瞼下垂症手術なら、高田眼科」ということも広まり、地域の先生方からのご紹介も増え、
さらに、インターネットを介して、遠くからは、北海道、沖縄などの県外はおろか、海外からも来院いただけるようにもなってきました。
浜松という地方都市の診療所としては、驚くべき進化だと思います。


さて、2016年は、眼瞼下垂症手術は、自費診療の二重瞼手術を含めると、年間900件を超える件数となりました。

件数を重ねるにつれて、さらに得られる知識や経験もあり、当院の眼瞼下垂症手術は、どんどんパワーアップしておりますが、
さらに、精度の高い結果、ダウンタイムの少ない結果、快適な手術を追求したいと思います。

静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」