診断の話

[後天性眼瞼下垂]の症状「動眼神経麻痺」

※2020.3.13 記事内容の修正と更新を行いました。


 

■動眼神経麻痺って?

「動眼神経麻痺(どうがんしんけいまひ)」は、脳神経のひとつである「動眼神経」の障害により生じ、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の原因になります。

「動眼神経」は、「滑車神経(かっしゃしんけい)」、「外転神経(がいてんしんけい)」の2つの神経と共に、いずれも眼球を動かす筋肉、外眼筋を支配しています。

 

そのなかで動眼神経は、眼球を鼻側(内側)方向に向ける「内直筋(ないちょくきん)」、上下に向ける「上直筋(じょうちょくきん)」と「下直筋(かちょくきん)」、外方向に回転させる「下斜筋(かしゃきん)」を支配していますが、3つの神経共に、異常や麻痺があれば支配筋肉を動かせなくなります。

さらに動眼神経はこのほかに、瞳孔を調節する「瞳孔括約筋(どうこうかつやくきん)」とまぶたを上げる「上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)」を支配しています。

 

そのため、動眼神経に障害が生じると、眼瞼挙筋の麻痺が起こり、まぶたを上げる力にも影響が及んで眼瞼下垂が生じるのです。

 

特に動眼神経による眼瞼下垂は、まぶたで目が覆われるなど重症になるケースが多くみられるようです。


■症状と治療について

動眼神経麻痺の原因は、多くみられる順に、頭蓋骨の中に腫瘍ができる「脳腫瘍(のうしゅよう)」、「頭部外傷」により神経が傷ついた場合、「脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)」による圧迫、動脈血量の減少による局所的な貧血である「虚血(きょけつ/『糖尿病』を含む)」などが挙げられます。

 

眼瞼下垂は、これらによる動眼神経の麻痺によって引き起こされます。

病名そのものが深刻なケースが目立ちますが、診断を見誤ると重大な事態につながるため、動眼神経麻痺による眼瞼下垂を見極めるには注意が必要です。

 

したがって原因によっては、脳神経系の専門医による治療が優先され、緊急措置が求められる場合もあります。

 

たとえば、片目でものを見るときに眼の位置がずれる「斜視(しゃし)」などの症状がみられ、激しい頭痛や眼痛などが伴う場合は脳動脈瘤破裂の可能性があります。

 

脳動脈瘤が破裂すると「くも膜下出血」を発症し命にかかわることもあるため、精密検査や脳神経外科の処置が必要になります。

動眼神経麻痺の場合は、斜視が出ることから、物が二重に見える「複視」などの症状が生じる場合もあります。

 

瞳孔に異常がなく、眼瞼下垂や複視が一日のなかで変動する場合は、「重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)」の疑いがありますが、これに関しては、眼瞼下垂症ブログ:『[先天性眼瞼下垂]の症状「重症筋無力症」をご覧ください。

TAGタグ