高田院長の眼瞼下垂症ブログ

(保険請求について:part 2)眼瞼下垂症こぼれ話@浜松の高田眼科

今回は、前回の保険請求についての補足説明を致したいと思います。

手術給付金は、加入された保険の約款に従って、手術ごとに決められた金額が支払われます。
前回の内容では、入院手術の方が手術給付に加え、入院給付を受けられるということでした。
全体的な費用が安くなるとは一概には言えません。というのは、、入院には何かとお金がかかるので、最終的に費用が高くなる場合もあります。

加えて、実は、右眼と左眼は別々の部位として扱われるので、異なる日に手術していれば、それぞれの手術に対して給付金を受けられます。
逆に、同日に両眼同時手術を行った場合は、まとめて一度の手術ということになり、一回分の手術給付になります。
さらに、不幸ながら修正手術になった場合でも、手術給付を受けることができます。

当院での眼瞼下垂症手術は、両眼同時手術と、1週間の間隔で左右を分けて手術をするという選択が出来ます。

したがって、左右を分けて、別々の日に手術を行った場合のメリットとして、
①手術給付が2回分受けられる。
②眼帯で隠すことができるので、社会生活の制限が少なく出来る。
ということが挙げられます。
デメリットとしては、どうしても受診回数が多くなってしまうことが考えられます。
遠方の方にとっては、時間と交通費が余分にかかることとなります。
また、術者から見れば、左右差を合わせることには高度なテクニックが必要となり、また、消耗品が2倍かかるデメリットもあり、通常のドクターは、同時手術を好みます。

高田眼科の眼瞼下垂症手術は、非常に拘っておりますので、いろいろな患者様のご希望や背景に合わせて、様々な対応ができるように工夫をしております。

高田眼科

静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」