高田院長の眼瞼下垂症ブログ

眼瞼下垂症手術こぼれ話:”二重まぶた”の作り方のポイント@浜松の高田眼科

眼瞼下垂症手術においての患者様からのご質問の中で、手術後の二重瞼はどんな感じになりますか??
この質問に対するお答えは、当院では、「自然な二重瞼になるように、努力させて頂きます!!」としております。

当院は、保険診療を主体とした眼瞼下垂症手術をメインとしております。
その対極の美容外科では、”美しく”あるいは”かっこよく”なるために手術を行うので
手術適応は、非常に広く、また、その手術の結果に対して完璧に保障をしなければならない。
その結果、手術は高額になるかと思います。

では、当院の眼瞼下垂症手術の結果の二重瞼が美容外科の手術の結果に対して、劣っているのか??

そのことについては、自信を持って、Noと言う事が出来ます。
当院の眼瞼下垂症手術においての二重瞼は、かなり、こだわっております。
できるだけ、自然な二重になるように・・・・という意味で、最大限努力させて頂いております。

以前にも、ブログで書かせて頂いたのですが、眼瞼下垂症を治しながら、二重を作ることは難しいということが言えます。
これは、ゴルフにたとえると、強い向かい風の中、打った球の距離を合わせるようなことで、
眼瞼下垂症を治すために瞼を上げると、二重がなくなる(奥二重になる)ということです。

よって、当院では、そもそもの目的である眼瞼下垂症を治すと同時に二重を瞼を作るようにさせて頂いております。

実は、二重瞼は、単純に皮膚切開線が二重の線になるのではありません。
キレイな二重瞼を作るためには、①適度な瞼の厚み ②適度な皮膚の余り ③適度な傷の瘢痕 の3つのポイントがあります。

①適度な瞼の厚みにするためには、眼輪筋の切除、眼窩脂肪切除、中間脂肪切除などのテクニックが必要となります。雑な施術により、内出血、過剰な腫れを引き起こしてしまうと、予期しない、不自然な食い込みや、陥没を残します。

②適度な皮膚の厚みを作るためには、沢山の経験に基づく、皮膚切除のデザインが必要となります。過剰な皮膚切除は、二重が歪み、修正ができなくなり、禍根を残すことになり、逆に、切除が足らなければ、奥二重になります。

③適度な傷の瘢痕を残すためには、高周波メスを使い、きれいな瘢痕になるようにすることが必要となります。過剰な瘢痕は、修正手術の際の妨げになり、リスクとなります。変な二重が出来た場合には、治せなくなるということです。

私の師、二木裕先生は、「瞼の手術は難しい!!」と言われておりましたが、今、しきにりに、その言葉が思い出されます。

私の眼瞼下垂手術は、現時点でも、かなりの最高の手術だと自負しておりますが、これからも、精進を重ね、究極の眼瞼下垂症手術を極めたいと思います。

高田眼科

TAGタグ