手術・治療の話

怖くない、痛くない、腫れない究極の眼瞼下垂手術を求めて・・・笑気ガス麻酔を導入しました。

眼瞼下垂手術に強い不安のある方でもご安心ください。

笑気麻酔のタイトル画像

眼瞼下垂手術にまつわる不安やストレスを軽減し、少しでも快適な手術を受けていただけるよう、高田眼科では笑気ガスを導入することにしました。

眼瞼下垂症手術を検討される方が不安に思う事柄として、痛みについてのご質問を多く頂きます。

そういった不安を解消させ、安心して手術を受けていただくための高田眼科(ひとみ眼科)の工夫として、

  • 出来るだけ細い注射針(32G針など)を使うこと、
  • 麻酔クリーム(エムラクリーム)、麻酔ゼリー(キシロカインゼリー)を使用すること

などの工夫を以前のブログにも述べたことがあります。

しかしながら、閉所恐怖症の方や不安の強い方からは、眼瞼下垂症を希望される方の中には、「全身麻酔での手術は出来ないのか?」というご質問を頂くことが多かったのですが、静脈麻酔なども含めて、全身麻酔下での眼瞼下垂手術は難しいと考えておりました。

全身麻酔下での眼瞼下垂症が難しい理由は、高田眼科(ひとみ眼科)で大事にしている手術途中でのデザインの確認が出来ないからです。

全身麻酔を使って眼瞼下垂手術を行うと、当然、手術中は完全に眠ってしまうため、手術途中に目を開いて頂くことが不可能となってしまいます。

眼瞼下垂手術は、機能的な要素と審美的な要素の両立を図らなければならない、非常に繊細な手術です。

眼瞼下垂手術には、

  • ダウンタイムが短く、出来るだけ腫れないこと
  • 左右差がないこと
  • ビックリ目になってしまうような過矯正にならないこと
  • 兎眼にならないこと

が求められていることだと思います。

高田眼科は、巨大ショッピングモールのテナントクリニックとは言え、浜松市郊外に高田眼科が立地しているにもかかわらず、北は北海道、南は九州から・・・果ては、アメリカなどの国外に住まれている患者様の手術を引き受けてきました。

果てしなく遠方から高田眼科まで来られる方々は、高田眼科の眼瞼下垂症の仕上がりの美しさや工夫を重ねたオリジナルな眼瞼下垂手術手技を期待されてのことだと考えております。

高田眼科が理想として考える眼瞼下垂手術後の瞼を実現させるためにも、術中のデザインの調整を含め、デザイン確認は、高田眼科(ひとみ眼科)の眼瞼下垂手術の品質を安定させる肝(キモ)となるものとなります。

一般論になりますが、品質を高い水準で安定させるというのは、ブランドを形成する上で、何よりも大事なことだと考えられます。

良い品質、言い換えれば、一流ブランドというのは、高品質であるというのは当然なのですが、より大事なこととして、品質のバラツキをなくすことだと私は考えております。

具体的には、如何に失敗しないのか? さらに言うと、如何に再手術になる症例を減らすのか?と言うことに尽きます。

高田眼科(ひとみ眼科)は、そこにコダワリを持って、常に手術をしております。

(当院でも一度の手術で上手く行かず、再手術になることはあります。本当に残念なことです。それをご本人にお伝えする時、つまり、再手術をお願いする時は、いつも大変に申し訳ない気持ちなりますし、そういった思いを2度としたくないと常に考えてきたからこそ、今の工夫を重ねに重ねた高田眼科(ひとみ眼科)の手術があると言えます。)


高田眼科の笑気ガス麻酔器本題となりますが、高田眼科では、この度、新しい麻酔方法を眼瞼下垂症手術に取り入れることとなりました。

その名も低濃度笑気ガス麻酔です。

笑気麻酔とは、笑気ガスを低濃度(30%以下)で、酸素とともに鼻呼吸で吸入させる極めて安全性の高い鎮静・鎮痛法です。

すでに歯科領域では幅広く普及しておりますが、眼科領域などでも今後臨床応用が広がっていくだろうと言われている麻酔方法です。

高田眼科では、この笑気麻酔と局所麻酔を併用することで、局所麻酔のみでは強く痛みを感じたり、極度の不安感を感じたりすることをかなり減らせると言えます。

全身麻酔との違いは、笑気麻酔は意識が無くなるわけではありません。そして、全身麻酔と違って手術途中に簡単に覚ますことが出来ます。

したがって、高田眼科(ひとみ眼科)が大事にする術中のデザイン確認が出来ます。

また、手術の不安を取り除くことが可能となるので、結果として、術中の血圧上昇がなく、術中の出血が減らせます。

結果として、使用する局所麻酔の量も減らすことに繋がり、手術の成功率を上げることに繋がっております。

「笑気」ってどんな麻酔薬?

 亜酸化窒素(N2O)という気体は、吸うとわずかに甘い香りがします。

この亜酸化窒素と酸素を混合させたガスを「笑気ガス」といい、「低濃度笑気吸入鎮静法」で使用する際には、亜酸化窒素10~30%と、酸素90~70%を混合させたガスを患者さまに吸入していただきます。

笑気ガスは、吸入すると心地よいリラックスした気分になり、恐怖感が薄れ、痛みを感じにくくさせる作用があります。

そして、手術後に100%の酸素の吸入することによって笑気は、数分ほどで体外にすぐに排出されるため、体内に蓄積されたりし残ることはなく、副作用などの心配もありません。

笑気ガス麻酔のメリット

 


①施術時の恐怖心や力みを軽減できる

笑気麻酔を使用することで、緊張を和らげ、血管迷走神経反射による脳貧血症状や過呼吸発作なども起こしにくくなります。
強く力んで開瞼しにくい方、眼球が上転したり眩しさでキョロキョロしたり急に目を動かしたりする方でも安心して手術に望むことが出来ます。閉所恐怖症の方も安心して手術を受けられると言えます。

②高血圧・不整脈・狭心症などのリスク抑制

鎮痛・鎮静作用により、痛みや不安(身体的、精神的ストレス)による血圧や心拍数の変動を抑制できるので、急激な血圧上昇や不整脈の発生を予防できます。酸素吸入を同時に起こっているので、狭心症・心筋梗塞のリスクも低減できます。

③麻酔導入・覚醒が早く、呼吸筋抑制がない

吸引してすぐに麻酔の効果がでるので速やかに手術が開始でき、呼吸筋抑制がないため術中管理も容易なため安全だと言えます。麻酔終了時は笑気ガスを止めるだけで、すぐに麻酔が覚め元にもどるための時間がかかるということがありません。

④未就学児・学童にも有用

全身麻酔のようなリスクもないため、手術だけでなく、未就学児や学童に行う処置・検査にも有用です。
高田眼科では、眼瞼下垂症・内反症などの手術の必要性が理解できない幼児などは、基本的に手術を行っておりませんが、小学校の高学年以上という従前の手術適応の年齢は下げられると考えております。

低濃度笑気吸入鎮静法の導入の流れ

  • 1専用のマスクを装着する

    笑気ガスを吸入するための専用マスク(カニューレ)を装着し、最初は酸素のみを流し楽に鼻で呼吸ができているかを確認します。

  • 2笑気の濃度を調整する

    患者さまの状態をよく観察しながら、適正濃度は20~30%ほど笑気の濃度を少しずつ上げていきます。 体格や年齢によって適した濃度が異なるため、効き具合を確認しながら調整します。 手術デザインと局所麻酔は、このタイミングで行なうことになります。ト

  • 3眼瞼下垂手術を開始する

    笑気の効き具合を確認しながら、眼瞼下垂症手術を行ないます。 全身麻酔などとは異なり、笑気吸入鎮静法では意識を失うことはありません。ウトウトするようなリラックスした状態で気持ちよく治療を受けていただきます。

  • 4手術途中にデザイン確認を行う

    手術の終盤となり、デザイン確定の段階になったら、笑気を止めて100%の純酸素を吸入に変更します。そうすると、2、3分で体内の笑気は排出され、意識がハッキリし、意識してしっかり瞼を開けられるようになり、デザインの確認が出来ます。 デザイン確認後、再び、笑気の導入を開始し、仕上げの皮膚縫合を開始します。

  • 5治療後に酸素を吸入

    眼瞼下垂手術が終了したら、笑気の流出を止め100%の酸素を吸入していただきます。これにより、体内の笑気を排出できます。 笑気から覚め、数分お休みいただいたら手術室から退室できます。

執筆した医師

高田眼科 院長 |ひとみ眼科 眼瞼手術担当医師
高田 尚忠(たかだ なおただ)
所属学会:日本眼科学会、日本形成外科学会、日本眼形成再建外科学会
岡山大学医学部卒業後、横浜形成外科の二木 裕 先生を師事。 郡山医療生活協同組合 桑野協立病院などの様々な医療機関を勤務し、 現在は高田眼科の院長を務める。 眼科医と形成外科医の知識と、これまでの豊富な眼瞼手術の術者としての経験をもとに、年間1000件超える眼瞼下垂症手術を手がけております。

執筆した医師
高田 尚忠

高田眼科 院長
ひとみ眼科 眼瞼手術顧問
静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」