基本の話

眼瞼下垂の症状「機械的眼瞼下垂」

※2020.3.30 記事内容を修正・更新しました。


 

「機械的眼瞼下垂(きかいてきがんけんかすい)」の「機械的」とは、「機械的刺激」のことを指し、何らかの物理的な力や摩擦を意味します。

 

こうした刺激によってまぶたの開け閉めに関わる「挙筋腱膜(きょきんけんまく)」やミュラー筋などが変化し引き起こされる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」を、機械的眼瞼下垂と呼んでいます。

この物理的刺激を与える原因となるものに、まず最初に、眼瞼(がんけん)、つまりまぶたや、眼窩(がんか)の腫瘍が挙げられます。まぶたに生じる良性および悪性腫瘍の重みによって、まぶたを動かす筋肉が耐えられず下垂してしまうケースです。

 

眼瞼腫瘍によって眼瞼下垂が引き起こされる疾病は、眼瞼下垂ブログ記事:[先天性眼瞼下垂]の症状「眼瞼腫瘍」にも詳しく書かれています。

 

眼窩腫瘍の「眼窩」とは、眼球が入っているくぼみのことです。眼窩腫瘍による眼瞼下垂は、この眼窩上緑(上部)に腫瘍ができることで、眼瞼腫瘍と同じ経緯によって発症します。

次に挙げられるのが、頭蓋骨の前頭部を形成する前頭骨の骨折です。

 

交通事故や転倒・転落、殴打などが原因となって生じる主に額の部分の骨折により、その範囲が眼窩壁(眼窩の奥にある薄い骨)にまで及んだ場合に、まぶたや眼球の運動障害を生じさせ眼瞼下垂を引き起こします。

異物による刺激は、主にハードコンタクトレンズが原因となって起こります。

 

眼瞼下垂を生じさせる理由としては、一日に2万回程度も行われるまばたきの際に、角膜上に装着されたハードコンタクトレンズ(ときにはソフトコンタクトレンズでも)と、まばたきによるまぶたの上下運動の間で摩擦が生じることによるとも言われております。

 

これらの物理的な障害によって、まばたきする際の動力となる「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」が徐々に伸びてしまったり、その先にある「挙筋腱膜(きょきんけんまく)」やミュラー筋が伸びたり、場合によっては線維化するなどして、眼瞼挙筋の力がまぶたに伝わりにくくなって眼瞼下垂が発症します。

 

また、ハードコンタクトレンズを装着するとき、あるいは取り外すときに、上まぶたを引っ張りすぎる行為が何度も繰り返されることで、挙筋腱膜と瞼板の接合部に負担がかかって外れやすくなることで同様の事態が引き起こされ、眼瞼下垂が発症します。

 

そのため、ハードコンタクト専用ですがスポイトを使用することで、まぶたをひっぱることなくレンズを外すことができるため、まぶたのたるみ対策として効果的です

TAGタグ