ブログ

透明な糸・・・

眼瞼下垂症手術において、ダウンタイムが短いことが特に患者様から求められることだと思います。
当院としても、これまで様々な工夫を凝らして、手術を進化させてきました。

どうしても、皮膚を切開することが基本となる眼瞼下垂症手術においては、抜糸を行うまで、日常生活の中で糸が見えてしまうことが最大の障壁だと思います。

患者様からのお問い合せの内容でも、時々、溶ける糸で縫って欲しいとご要望を頂くことがあります。
実は、医療の常識として、溶ける糸で縫うと、余計に傷が汚くなってしまうので縫うことはありません。
溶ける糸というのは、自然と溶けるのではなく、体の免疫反応で溶けるものなので、結果として、糸が溶ける際に、縫ったところが炎症反応が強く出てしまいます。
加えて、完全に解けるわけでもなく、プツプツと部分的に糸の断片が残存してしまいます。

やはり、術後、傷をキレイに治すためのコツは、傷口(医学的には、創というのですが・・)の炎症を出来るだけ少なくし、早く炎症反応を終わらせることにあります。

また、透明な糸で皮膚を縫うことも、実は、他科の手術を含めて、医学的に一般的に行われる通常の手術では行いません。
それは、抜糸の際に、糸そのものが見えなくて、うまく抜糸が出来ないため、外科医のタブーとして考えられているからです。

抜糸できず、残してしまうリスク(残っていたとしても、抜糸すれば問題ないのですが・・・)があったとしても、患者様のメリットに適う部分があるのでは無いかと思い、この度、メーカーさんにお願いをして作っていただきました。

当院の手術は、マイクロサージェリー(顕微鏡下手術)ですので、抜糸においても顕微鏡を使って、しっかりと糸を確認すれば、ほぼ、糸が残ることはないと考えております・・・。
もちろん、ご本人の同意を得た上で試験的に使用してみて、いくつか?抜糸出来てないことがありましたが、残っていたら残っていたらで、改めて抜糸をすれば良いと考え、今回、正式に採用することと致しました。

ただ、顕微鏡で見ても非常に見えないような糸ですので、縫うのにも時間と手間がかかります。透明な糸を使用させて頂くのは、自由診療での手術に限らさせて頂いておりますので、ご理解ください。

静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」