月: 2016年5月

  • 眼瞼下垂の体験談

    眼瞼下垂の体験談 Vol.3

    ◼︎気づいたきっかけ 工場内で細かい組立作業の仕事をしている者です。細かな物を見続ける特殊な仕事ですから、昔から慢性的に目の疲れはありました。早朝から目を使い続け、夕方になるとまぶたが三重、四重になるぐらいだぶっとした重 […]

    2016.05.20

  • 眼瞼下垂の体験談

    眼瞼下垂の体験談 Vol.2

    ◼︎気づいたきっかけ  主人から「お前は目つきが悪い」と言われるようになり、小学生の子どものお友達からも「いつも怒ってるおばさんだ」と言われることもあり、自分ではそんなつもりはないのにと悩んでおりました。 システムエンジ […]

    2016.05.20

  • 診断の話

    偽眼瞼下垂の症状「デュアン(Duane)症候群」

    2020.6.26 記事内容を修正・更新 デュアン症候群  「デュアン(Duane) 症候群」の症状は、大きく次の3つに分けられ、I、II、III型と呼ばれて分類されています。 I型は、片方の目の外転障害(眼球が外側に動 […]

    2016.05.20

  • 診断の話

    偽眼瞼下垂の症状「斜視」

    2020.3.31 記事内容を修正更新しました。 「斜視(しゃし)」とは、片方の目が正しく正面に向いているのに、もう片方の目が別の方向に向いている状態をいいます。 斜視にはこのほか、片方の目が内側を向く「内斜視(ないしゃ […]

    2016.05.20

  • 診断の話

    偽眼瞼下垂の症状「チック症」

    2020.3.30 記事内容を修正・更新しました。 「チック症」とは、体の一部に突発的に起き、長時間にわたって反復持続する素早い運動あるいは発声を指します。また発症が18歳未満で、症状が4週間以上持続することと定義されて […]

    2016.05.20

  • 診断の話

    眼瞼下垂の症状「メージュ(Meige)症候群」

    2020.3.25 記事内容を修正・更新    メージュ症候群とはどんな病気? 「メージュ(Meige)症候群」の「メージュ(Meige)」とは、1910年にこの疾病を最初に報告したフランスの神経内科医、H.メージュの名 […]

    2016.05.20

  • 基本の話

    眼瞼下垂の症状「片側顔面痙攣」

    2021.2.24 記事内容を修正・更新しました。 ■片側顔面痙攣について 「片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)」と読むこの疾病は、顔の半分が自分の意思とは関係なくピクピクと痙攣したり、引きつったりする症状を発しま […]

    2016.05.20

  • 診断の話

    偽眼瞼下垂の症状「眼球陥凹」

    「眼球陥凹(がんきゅうかんおう)」と読むこの疾病の「陥凹」とは、へこんだ状態やくぼんだ状態を示す医学用語です。   眼科領域の専門用語として「視神経乳頭陥凹(ししんけいにゅうとうかんおう)」という名称があります […]

    2016.05.20

  • 診断の話

    偽眼瞼下垂の症状「無眼球・小眼球」

    2020.3.30 記事内容を修正・更新しました。 「小眼球症(しょうがんきゅうしょう)」は、文字通り眼球が通常に比較して小さいという特長から、こう呼ばれています。   症状が両目に出る場合、片目に出る場合の割 […]

    2016.05.20

  • 基本の話

    偽眼瞼下垂の症状「眼瞼内反症」

    2020.5.29 記事内容を修正・更新しました。  「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」は、まぶたの縁が眼球側に向かって倒れている(内反)状態になる疾病です。   内反とは、字の如く、瞼がひっくり返る状態になります […]

    2016.05.20

静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」