高田院長の眼瞼下垂症ブログ

眼瞼下垂症手術のこぼれ話 その6@浜松の高田眼科

3ヶ月前に、目の充血を相談に来られた患者様のお話です。
この患者様は、充血と眼の痒みを主訴で初めて当院を受診されました。
それは、アレルギー性結膜炎ということで、診断は容易であり、点眼加療ということで様子を見ることとなりました。
ただ、目の二重がかなり不自然で、挙筋短縮術での術後であるというのは、容易に分かる状態でした。

それは、眼瞼の中央部だけが挙がっている状態の不自然な二重であり、しかも、眼窩脂肪を取り除いてあるのですが、
中央だけで引き抜かれているので、いわゆる、鉄アレイみたいな瞼になっており、無残な状態でした。
ここまで酷い術後は、あまりお目にかかりません。

当然、その点に話が自然と及び、修正をさせて頂くこととなりました。
全力で良い結果が出るようにさせて頂きます。

私は、この挙筋短縮法が好きではありません。理由は、審美的な感覚で言うと、挙筋腱膜前転法に劣っていると考えているからです。
確かに、眼瞼の挙上させる力は、大変、優れたモノでありますが、その代わり、挙がり過ぎるので、逆に、不自然になるのです。挙筋腱膜を短縮させる過程で、眼窩脂肪の摘出を行うケースが多いですが、この脂肪除去でのトラブルも問題となります。

今回は、

静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」