高田院長の眼瞼下垂症ブログ

眼瞼下垂症手術のこぼれ話 その2@浜松の高田眼科

先日、いつものように眼瞼下垂の相談に患者様がやってきました。
左眼の瞼が3日前から急に下がり始めたとの訴えでした。
診察をしてみると、眼瞼皮膚炎、麦粒腫(ものもらい)などの急性疾患でもありません。

経験上、眼瞼下垂症は急激に発症することはありません。本人も気付かないうちに、段々と下がってくるのが一般的です。
手術に踏み切るか思案しながら、診察を続けていると・・・
「2週間前に、目の周りに美容外科でヒアルロン酸の注入を・・・・ そして、額にボトックス注射を行った。」と本人。

ボツリヌス菌の毒素は筋肉(正確には神経と筋肉の接合部)に作用し2,3ヶ月麻痺をさせる作用を持ちます。
ボトックスとは、そのボツリヌス菌の毒素を医療用に精製したものです。一般的には、美容外科で額や目尻の皺をとるのに使われます。ちなみに、汗を抑える作用もあるので、脇に注射してワキガの治療に使用することもあります。

ボトックスは、注射すると、概ね10日前後ぐらいから、作用が始まります。
なるほど、答えが見つかりました。

患者様には、「おそらく、額に注射したボトックスが、瞼にまで浸透してきて、眼瞼挙筋に麻痺を引き起こし、眼瞼下垂症を引き起こしたので、手術は必要ない、3ヶ月待って下さい。それで治ります。」とお伝えしました。

沢山の患者様を診察していると、予期せぬことがあるもんですね。

静岡県にお越しの方は「高田眼科」
愛知県にお越しの方は「ひとみ眼科」